読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら

さらっと、さらさらと。サラリーマンがサッカーとかゴルフとかを語ります。

サディク・カーン新ロンドン市長誕生と、プレミアリーグの栄華

f:id:beamrivercity:20160522215228j:plain

 カーン市長を誕生させたロンドン

 先日のロンドン市長選で、野党・労働党のサディク・カーン氏が、イスラム教徒として初のロンドン市長に当選したというニュースがありました。

対抗馬の保守党候補が、露骨な「反イスラム戦法」でひんしゅくを買ったことなど、要因は様々あるようですが、このご時世にイスラム教徒の市長を誕生させるロンドンという都市の底力、成熟度には心底感服します。

 一方、アメリカ大統領選はトランプ氏の躍進に世界が戦々恐々としています。しかしそんなアメリカも前々回の大統領選では、バラク・オバマ氏を初のアフリカ系大統領に選びました。

 どちらも多様性という信念を尊重してきた都市、国だからこそ、成し得た偉業でしょう。

 生まれてこのかた東京以外で暮らしたことのない私から見ると、ロンドンやアメリカって、多様性を受け入れる「開かれた場」であることの凄みをビシビシ感じるんですよね。

 

 結局、「ヒト」・「モノ」・「カネ」が流れていくのは、こうした「開かれた場」であって、閉鎖的な「ムラ社会」はいずれ必ず勝てなくなる。。。それはスポーツビジネスの世界でも同じなんじゃなかろうかと。

 

プレミアリーグの栄華

 サディク・カーン市長を誕生させたイギリスといえば、もちろんイングランド・プレミアリーグを抱えています。数々の外国資本を受け入れ、外国人枠もない、まさに世界最高峰の「開かれた場」です。いまや世界一の人気リーグの地位を不動のものとし、いよいよ本格的に他国を引き離そうかという勢いです。

 テレビ放映権料はさらに高騰し、最下位チームに配分される放映権料ですら、ドイツの盟主バイエルン・ミュンヘンを大きく上回ります。全チームにこれだけ強烈な収入源があれば、当然各チームとも優秀な選手の獲得が可能になります。下位チームまでもが世界的なプレーヤーや有望な若手を1、2名獲得できれば、リーグの勢力図はより高いレベルでの拮抗状態となり、これまでビッグクラブだけのものだった優勝争いのチャンスが、すべてのチームに巡ってくることになります。

 こうなると、1強、2強が突出しているリーグは、もはやコンテンツとしての魅力で太刀打ちできなくなるでしょう。

 プレミアリーグという仕組みは、ますます多くの「ヒト」・「モノ」・「カネ」を呼び込み、バブルを超越したスーパーリーグになっていくかもしれません。

 

日本はどうすればいいのか、誰か教えてください 

 翻って、我らが日本サッカーは、Jリーグは、一体どうしてゆけばいいのでしょう? 

 世界から「ヒト」・「モノ」・「カネ」を呼び込める「開かれた場」になっていくべきなのか? 

それとも日本人による日本人のための日本独自のやりかたを突き詰め、「特殊な一地域」としてアイデンティティを保っていくべきなのか。。。

最終的に強いチカラを持つのは前者でしょうが、今日まで単一民族でやってきた特殊なお国柄です。たとえJリーグ地盤沈下を目の前にしても、どこまで思い切った改革ができるでしょうか。それこそ「維新の志士」が必要かもしれません。。。

 

 なんだかこれって、サッカーだけでなく、日本という国がこれからどういう方向に向かっていくべきかということにもつながってくるように思えます。

 

 じゃあ移民を受け入れようというのは極端な話ですが、「開かれた場」になるのか、それとも「特殊な一地域」としてダウンサイズしていくのか。国の事として考えると、本当にどうしていいのか、自分の中でも答えがでません。

 

 ただサッカーに関して言えば、Jリーグが百年構想の理念を貫くためには、単に社会とJリーグシュリンクしていくのを、指をくわえて見ているわけにはいきません。俄然「開かれた場」を目指すべきでしょう。AFCアジアサッカー連盟)の国からもっともっと「ヒト」・「カネ」を受け入れ、2020年に便乗して23区内に専用スタジアムを建設するなど、是非アジア最高のサッカーコンテンツを目指していただきたい。

 

 中国はこれからも欧州級の補強資金を背景に、次々と大物選手を獲得するでしょう。しかし、本当に「観たいコンテンツ」となるにはもう少し時間がかかるはずです。今のうちに「開かれた場」となることで投資を促す仕組みをつくらなけば、勝ち目はなくなるでしょう。それどころか、日本サッカーの崩壊の足音すら、聞こえてくるかもしれません。

 困難な道のりであることはわかります。でも残念ながら、野球やゴルフの組織には手本を見せてくれる力はないでしょう。サッカーからやるしかないんです。超高齢化社会でのプロスポーツビジネスのあり方、そして社会とのかかわり方。

 サッカーから、やるしかない。

 

【了】

  

beamrivercity.hatenablog.com